Industry solutions

業界別ソリューション

慢性的な人手不足である飲食業界

配膳や下げ膳業務のロボット化で、業務省人化と顧客満足度向上を実現できます。

飲食業界でロボットを導入するメリット

定型業務を得意とするロボットを飲食店で導入することによって、繰り返し発生する業務の一部をロボットに置き換えることができます。配膳、下げ膳業務の他にも社員の教育時間の削減や、効率化による回転率の向上が期待できます。

01フロアスタッフの省人化

飲食店のフロアスタッフは業務時間の約45%を配膳、下げ膳業務に費やしています。例えば配膳ロボットを活用すれば、ロボットが料理を配膳している間に配膳している間に、他の席の片付けや追加オーダーの対応業務が可能となり、1人で多くの業務をこなすことができます。

02エンターテイメントとしての空間価値の向上

お客様の目の前を華麗に走るロボットは幅広い年代のお客様の注目を集めることができます。今まで経験したことがない未来のようなレストランを演出して、お客様の思い出に残る来店体験を実現いたします

03お客様への十分な接客時間を確保

ロボット導入の目的は、効率化によって生み出された時間をお客様に還元することです。バタバタしながら業務をこなす日々から、ゆとりを持ってお客様の来店体験向上に貢献できるようになります。

Pick UP Robots

この業界で活用されるロボット

  • PEANUT

    配膳と下げ膳業務に特化した中国製フロアーロボット、居酒屋や焼肉店、その他レストランで活用されています。

    資料をダウンロードする